メニュー

産科

※里帰り分娩を考えている方の分娩予約は、以下の電話番号までお電話ください。
058-241-3535

当院の特徴1安全な自然分娩

分娩は第一に安全でなくてはなりません。自然に陣痛が発来した場合が一番帝王切開になる可能性が低い※1ため、当院では安易な計画分娩などは行わず、自然に陣痛が来るのを重要視します。時にお母さんや赤ちゃんを守るために医学的な介入をする時は当然ありますが、医学的に許容される範囲でご本人の希望に沿いつつ安全に分娩が終了するよう全力でサポートします。

※1 Robson分類による経腟分娩の成績より

当院の特徴2健診

Angel Memoryのシステム

現在は赤ちゃんの形態異常から状態の把握まで様々な情報がエコーでわかるため、時間をかけてチェックします。※1 また、4Dと呼ばれる立体的な画像は胎児の向きなど条件がよければ顔などが綺麗に見えます。※2 少しでも妊婦健診が楽しいものになれば幸いで、当院では経腹エコーの最後には毎回4D画像を供覧して、撮影した画像は「Angel memory」というシステムでスマートフォンやパソコンから確認できます。

※1 エコーではわからない異常もあります。
※2 向きや条件によりきれいに見えないことがあります。

当院医師がVolusonV8で撮影

外来の様子はこちら

当院の特徴3安心の母乳育児等の指導体制

当院は妊娠中から産後の教室や指導、特に母乳育児の指導が充実しています。母乳育児は産後にお母さんが困る一番多い原因であり、お母さん一人一人で指導方法が異なります。経験豊富なスタッフが優しく、何度でも寄り添いますので安心してください。また、他院で分娩された方が母乳育児指導だけ受診することも多いので困ったことがあれば遠慮なく受診してください。ただし、母乳栄養を無理に強要することはなく、ご本人の希望を優先します。

教室・指導の詳細はこちら

当院の特徴4全室個室シャワー、トイレ完備

入院部屋は追加料金なしで全室にシャワー、トイレ完備です。2021年に新築のため、清潔で落ち着いて入院生活が送れるようにしています。

部屋の様子はこちら

当院の特徴5美味しい食事

お食事は作りたてをお部屋までお運びしますのでゆっくり食べていただけます。産後の体と母乳のために旬の食材を活かした美味しい料理を提供しています。見た目も味もご満足いただけ、入院中の食事が楽しみになると思います。また、ご希望があればご家族のお食事も提供します。

食事の様子はこちら

当院の特徴6担当医制

現在は健診毎に医師が異なることや、いざ分娩の時は会ったこともない医師だったということは珍しくはありません。しかし、毎回違う医師では不要な心配や緊張など感じる方もいると考え、当院では原則的に同じ医師が健診から分娩まで責任を持って担当します。(学会・病気・休暇などの都合で健診医と分娩医が異なることが稀にありますが、かなりの確率で同じ医師になります。)

当院の特徴7写真、動画撮影とオリジナルショートムービーのサービス

分娩中や入院中は自分や赤ちゃんのことで手いっぱいでなかなか写真の撮影まで気が回りません。当院ではスタッフが分娩室や沐浴練習など入院中の様子を写真に撮影します。当然、写真撮影や動画撮影はご自身やご主人が行っても問題はありませんが、一生に数回しかないイベントですので記録の心配はせずにスタッフにまかせることができます。(緊急時には分娩時の撮影ができない場合があります。) 今までは写真を現像してお渡ししていましたが、2021年6月くらいから産後、入院中のよくとれている写真を数枚セレクトし当院オリジナルのショートムービーを作成してお渡しする予定です。撮影した全データと健診中の記録した3D画像も同じUSBにいれて産後検診時にお渡しします。

デモムービー

当院の特徴8硬膜外麻酔併用の帝王切開が可能

帝王切開は手術前に1回だけ背中から薬剤を投与する腰椎麻酔が主流ですが、術後はそれなりの痛みがあるため当院では術後の痛み対策として希望があれば硬膜外麻酔が静脈麻酔、腰椎麻酔と併用で実施できます。硬膜外麻酔は腰椎麻酔前に背中から痛み止めのチューブを神経近くの硬膜外腔と呼ばれるスペースに留置し、術後に痛み止めの薬剤を持続的に注入する方法で術後の疼痛には非常に有効です。特に2回目以降の帝王切開はケロイド(前回手術跡の皮膚の盛り上がり)を切除しするケースもあるため1回目より疼痛が強い傾向にあります。硬膜外麻酔での薬剤注入は手術の疼痛管理として有名なPROSPECT 2014.2020年版でもGradeA(推奨)に位置しています。

※Procedure specific postoperative pain management

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME